まさか自分が日光アレルギーだったなんて

まさか自分が日光アレルギーだったなんて

日光アレルギーという疾病をご存知ですか。スギアレルギーなどの花粉症や魚介類アレルギーのように何かを摂取すると皮膚に湿疹ができたりするものであればご存知の方も、馴染みのある方も多いことでしょう。しかし自然界に存在している日光ですらアレルギーの原因になってしまうことを知っている人は少ないことでしょう。少し前までは私もそんな日光アレルギーなんて知る由もなかったです。しかし、まさか自分が日光アレルギーだったなんて思いもしませんでした。

無停電電源装置(UPS) - サンワサプライ株式会社

この日光アレルギーの症状としては食物アレルギーのような湿疹や皮膚の発赤などです。スギ花粉のように体内に入るわけではないですからクシャミや鼻水が止まらないというものではありませんが、皮膚の異常は花粉症のそれよりも重い症状に感じています。日光アレルギーの原因としては太陽の光に含まれている紫外線などに対抗する体の中の免疫物質が過剰に反応してしまうことでこのような症状を呈してしまうようです。ですから、外出する際にも確実にUVカットができるような状態で出かけなければ皮膚がすぐに赤くなりますので、出かけるという行為そのものが一苦労になっています。

熱流体電気応用研究室 Main Page

ただ、この日光アレルギーも以前に比べてだいぶマシになってきました。それは病院で日光アレルギーの症状を緩和する治療を行ってもらうようになったからです。一般的なアレルギーに対抗する治療やお薬があるように、日光アレルギーにも日光に対して過剰に反応している抗体を抑えるお薬が存在しているのです。

太陽光発電 導入までの道のり

日光アレルギーはまだまだ市民権を得ていないアレルギーの一つですが決して珍しい症状ではないので、ぜひ頭の隅にでも覚えておいて頂けたらと思います。